太陽光発電の補助金について

太陽光発電の補助金について 太陽光発電を設置しようかどうするか検討中の場合、重要になるのは設置費用でしょう。
ただある程度の金額がするとしても実際には県からの補助金を利用することで自己負担額は下がる可能性が高いので、調べてみましょう。
どのようなケースにすれば、どれくらいの額を補助してもらえるかは県によって異なりますし、そのために必要な書類というのも違ってきます。上手に活用して太陽光発電システムを設置すれば、光熱費削減にもなりますし、電気を売ってお金に変えることもできます。
蓄電式のものにすれば、何らかの災害が起こった場合にも安心です。
たしかに、売電価格は年々下がっていっています。しかしながら太陽光発電の設備そのものも昔に比べてどんどんと安くなっていっていますし、国の助成制度はないものの地域の助成制度はまだ残っているのでまだまだお得さは残っているのです。
何より、子供たちにも節電の意識が芽生え、エコな暮らしをすることができるでしょう。

太陽光発電の買取制度で電気代大助かり

太陽光発電買取制度は、再生可能エネルギー源を用いて発電された電気を電気事業業者に国が定める固定価格で一定の期間買取を2012年7月1日より義務づける制度であり、2016年度の太陽光発電の導入に対しては、余剰買取10kW未満は31円/33円で10年間、10kW以上は24円の全量買取を20年間と改定されています。
1時間平均4kWの発電量で1日8時間分売電したとして、4Kw××8時間×365日×31円=362,080円とシミュレーションされ、毎月の電気代も浮き手元に十万円単位のお金が残る計算になります。
固定価格買取制度期間終了後は、電気事業業者の買取義務が無くなりますが、それまでにしっかりと元が取れ制度終了後もしっかりと毎月の電気代をサポートしてくれるので大助かりです。
又、制度終了後も、買取価格は地区の電気事業業者に一任される形となりますが、10kW以下の買取を継続する電気事業業者がほとんどなので安心です。

注目サイト

永代供養墓を検討する
http://hojyo-e.co.jp/

Last update:2017/2/16

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>