太陽光発電と建築基準法との関係

太陽光発電と建築基準法との関係 建築基準法は建築物を規制する法律ですが、その対象は建物だけではなく、建物に附属する設備も含みます。
太陽光発電に関する建築基準法の規定は特に無く、一般的な設備機器と同等の扱いになります。
設備機器の基準の中には電気に関連する規制も含まれるので、その範囲で制限されることになります。
地域や隣地等からの離れによって屋根材は不燃が要求されることがあり、その場合は不燃材を使う必要があります。
北側斜線のかかる地域では太陽光発電の屋根に乗る部分も規制に対象に含まれるので、北側斜線にかからない位置に設置しなければなりません。
建築基準法では屋根の重さによって、柱の太さ等の基準が変わるため、太陽光発電の機器が載っている屋根は、重い屋根として見なされることがあります。
建築に関連する法規には省エネ法があり、その規定の中には太陽光発電の記述があります。
一次エネルギー消費量の計算においては、自然エネルギーで発電された電力の一部は、基準値をクリアするために有利に用いることができます。

家庭用の太陽光発電システムについて

太陽光発電は非常に夢のあるシステムであるため近年では新築の一般住宅に取り付けられることも増えてきています。
初期コストこそそれなりにかかってしまうのが難点ですが、一度設置をすれば条件が整う天候の際に発電をしてくれるのが非常に嬉しい仕組みであると言えるでしょう。
最近では曇りの日でも発電を行うことが出来る太陽光発電パネルも家庭用に売りだされるようになってきており、魅力に感じる人も少なくありません。
この様な太陽光発電については様々な考え方がありますが、自宅で消費する電力を少なくすることを目的として設置するという道が一般的であると言えるでしょう。
一時期は余剰電力の売電を目的にして設置を推進する時期もありましたが、家庭用の太陽光発電では安定した電力供給は困難であると言えるでしょう。
そのため、それで全てを賄おうとするのではなく、あくまでも購入して消費する電力を少なくするための活用を考えるのが良いと言えるでしょう。

pickup

クレジットカードの現金化を札幌市で相談

最終更新日:2017/7/13

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>